災害救助犬

災害救助犬は、地震での家屋倒壊や津波などの災害現場において、被災者を優れた嗅覚を使い、発見するように特殊な訓練をした犬です。日本では地震が多く、それに伴った倒壊家屋や土砂災害のために「瓦礫捜索犬」が育成されています。
北海道では雪崩災害での雪崩捜索も取り入れられています。災害が発生した際の生存者の生存率は72時間が境目とされ、広大な捜索範囲や倒壊状況などにより捜索隊が入り込めない場所には、身軽に行動できる救助犬はとても有利です。
救助犬は空気中に上がる生存者の臭気を捉え、被災者の居場所を知らせます。

諸外国でも多くの災害救助犬が人命捜索に携わって居ます。日本での災害現場で活躍する救助犬のニュースなどを見た方も多いでしょう。二次災害も起こってしまうかも知れない現場でも一心に被災者を探そうと頑張る犬たちに応援したくなる人も多いかと思います。

救助犬に向いている犬は、運動能力が高く、嗅覚が優れ、何より人と関わることが大好きな犬が向いています。足場が悪くて爆音がなっていようとも、探し出した人に褒めてもらうために頑張って探すのです。タフな精神力も必要なので、音に弱かったり臆病な犬は向いていません。
どの犬種が向いていると言う訳では有りません。
犬種は一つの目安になりますが、基本は資質です。
ですから、大きさも問わず、能力が有ればどんな犬も訓練可能です。
また、災害現場では複数の犬とハンドラーがチームで行動することもあり、他犬に対しても穏やかに接する犬である事も求められます。

災害救助犬の訓練は通常の基礎訓練の他に多数の人の協力での「捜索」の訓練が不可欠で、
訓練期間は長期に渡ります。
また、日頃から、救助犬としての練習も出来る飼い主様と犬が望ましいです。


詳しくはお気軽にご質問ください。

DODONY,BRITTANYS JP AIMER BINGO
(コールネーム;アクセル)2012年10月24日生まれ・雄
JKC災害救助犬認定・2014年6月12日
第713号
犬種:ブリタニー・スパニエル

AWING OF DANCINGTAIL JP
(コールネーム:アーウィン)2005年7月3日生まれ・雄
JKC災害救助犬認定・2013年5月29日
第678号
犬種:ボーダーコリー